ポイントサイトのランク制度

ポイントサイトには会員ランク制度を実施しているサイトがあります。ランク制度を採用している大抵のサイトは活動している人には高還元、好条件を与えるという趣旨です。つまりそういった制度を採用しているサイトで活動、ランクアップのノルマを達成させ良い条件でポイントを稼ぐことも目標の一つとなります。

ランク制度があるから優良サイト?

ランク制度があるから優良サイトとは限りません。元の還元率が低くランクが上がってようやく対等な還元率になるようなサイトもありますし、ランクが上がっても他の優良サイトに比べて低い還元率であることもあります

ランクアップするからと言って頑張って活動しても結局、還元率が重要なので目先のポイントだけを見ず、先を見据えてポイントサイトを選ぶべきです。

特によく利用するショッピングサイトなど優良サイトとランクアップする前の還元率、ランクアップした後の還元率、ランクアップするための条件などをしっかり見極め利用していきましょう。

ダウン制度に影響するランク制度

友達紹介した際の還元が違ってくる可能性があります。会員ランク制度のあるポイントサイトの場合、サイト内での活動が活発になる可能性があります。会員ランク制度はそのために用意されているようなものです。

友達紹介を一生懸命しても友達がそのポイントサイトで活動(商品購入などのサイト利用)をしなければポイントが還元されません。大切なのは紹介した人がポイントサイトを利用するかどうかなので登録しただけでは還元はあまり期待できません。

中には登録した段階で何ポイントか獲得できるサイトもありますが利用してもらわなければ継続性は期待できません。利用して会員ランクを上げるという目標を持たせる意味ではランク制度というのは有効であることがあります。

優良サイトのランク制度

優良ポイントサイトにもランク制度を採用しているサイトは多いです。下記のサイトがランク制度を採用しています。

<ランク制度採用ポイントサイト>
ハピタスちょびリッチポイントタウンpotoraポイントインカムi2iポイントECナビ

同じ活動をしても獲得できるポイントが異なってくるのですから当然、ランクを上げて活動するべきです。

<各ポイントサイトのランク制度>

ハピタス

■ゴールド会員の場合:前月に獲得したポイントの2%分をプレゼント!
■シルバー会員の場合:前月に獲得したポイントの1%分をプレゼント!

ちょびリッチ

プラチナ:お買い物、アプリDL、アンケート、モニターに対して15%増量
ゴールド:お買い物、アプリDL、アンケート、モニターに対して10%増量
シルバー:お買い物、アプリDL、アンケート、モニターに対して5%増量
ブロンズ:アンケートに対して5%増量

ポイントタウン

プラチナ:お買い物、アプリDL、アンケートで15%増量
ゴールド:お買い物、アプリDL、アンケートで10%増量
シルバー:お買い物、アプリDL、アンケートで5%増量

ポイントインカム

プラチナ:7%増量
ゴールド:5%増量
シルバー:2%増量

i2iポイント

ホッキョクグマ:5%増量
グリズリー:4%増量
パンダ:3%増量
レッサーパンダ:2%増量
アライグマ:1%増量

ここにタイトルECナビ

ゴールド 最大20%増量
シルバー 最大10%増量
ブロンズ 最大4%増量

各ポイントサイトのランクアップの条件

では、そんな魅力のあるランクアップさせるためにはどうすれば良いのか?。基本的には半年間、2か月間など期間はそれぞれポイントサイトによって異なりますが案件承認回数、獲得ポイント数で決定されます。

詳しくランク制度のあるポイントサイトのランクアップする条件を確認しておきましょう

ハピタス

【ゴールド】過去6ヶ月間の広告利用が20回以上、または獲得ポイント10000ポイント以上
シルバー】過去6ヶ月間の広告利用が5回以上、または獲得ポイント2500ポイント以上
【ブロンズ】過去6ヶ月間の広告利用が1回以上、または獲得ポイント1ポイント以上

ちょびリッチ

プラチナ 過去6ヶ月の広告利用回数12回または30000pt獲得
ゴールド 過去6ヶ月の広告利用回数6回または20000pt獲得
シルバー 過去6ヶ月の広告利用回数3回または5000pt獲得
ブロンズ 過去6ヶ月の広告利用回数1回または500pt獲得

※1年以上の登録歴で過去一度でもプラチナを達成すると永久にゴールド以上が維持されます。

ポイントタウン

プラチナ 過去6ヶ月の広告利用12回と3000pt獲得
ゴールド 過去6ヶ月の広告利用6回と1500pt獲得
シルバー 過去6ヶ月の広告利用3回またはDL件数5件と500pt獲得
ブロンズ 過去6ヶ月の広告利用1回またはDL件数1件

ポイントインカム

プラチナ 半年間で100,000pt以上獲得
ゴールド 半年間で50,000pt以上獲得
シルバー 半年間で3,000pt以上獲得

i2iポイント

ホッキョクグマ:過去2か月間で40000pt以上と4カテゴリー以上と承認案件15件
グリズリー:過去2か月間で30000pt以上と4カテゴリー以上の承認
パンダ:過去2か月間で20000pt以上と2カテゴリー以上の承認
レッサーパンダ:過去2か月間で5000pt以上獲得
アライグマ:過去2か月間で500pt以上獲得

ECナビ

ゴールド 半年間で買い物承認15回以上と対象サービスで3000pt以上獲得
シルバー 半年間で買い物承認5回以上と対象サービスで1000pt以上獲得
ブロンズ 半年間で買い物承認1回以上と対象サービスで100pt以上獲得

ランクアップでここまで違う

例えばクレジットカード申込案件などでは20000円分のポイントが得られるものもあります。通常では20000円分のポイントですがランクが上がり15%アップされれば23000円分のポイントが得られるわけです。一案件で3000円も違ってくるのです。

例えば15%の違いといえば半年でポイント獲得が50万円だったとすると7万5千円も違ってくるのです。流石にポイントで50万円を獲得するレベルになるとランクアップも自動的にされていますのでそこを気にする必要はないと思いますがそれくらいランクアップの恩恵は大きいという事が分かります。

同じ案件です。ただ、そのサイトを利用している回数、金額が大きいか小さいかだけでそれほどまでに受け取るポイントが違ってくるのです。高額案件になればなるほどその差額は当然、大きくなります

同じ案件を利用するなら最大限、ポイントを還元してもらいたいものです。その為にはポイントサイトのランク制度をしっかりと見極め上位ランクを目指して案件利用をしたほうが当然、賢いです。

15%も違ってくるランク制度も少なくありません。ぜひ、ランクを上げてポイントサイトを利用していきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)