ポイント交換サイト「PeX」

PeXとはポイント交換サイトで簡単に言えばいろんなポイントをPeXのポイントに統一させることが出来、PeXのポイントも現金、電子マネー、ギフト券、ポイントなどに交換できます。まさにポイントの中継役というサービスです。

このサイトを利用することで貯めた様々なポイントを一つのものに集約させる事が出来ますので便利です。ポイントからの現金化もこのサイトを利用すれば簡単にできるのです。使わないギフト券、ポイントを普段使うポイントや現金に変えることも出来るのです。

また、ポイントサイトによってはこのPeXポイントにしか交換できないサイトもあります。げん玉、ECナビに登録する人は必須のサイトとなります。

PeXポイントは10ポイント=1円

PeXポイントは10ポイント=1円です。

つまり「1ポイント=1円」の等価ポイントサイトで500ポイントをPeXポイントに交換する5000ポイントと交換になります。その逆もそうでPeXポイントの5000ポイントを交換すると500ポイントと交換になります

10ポイント=1円のサイトならそのままの単位で交換されますので分かりやすいです。ただし交換価値は等価なので損得はありません。

PeXポイントに交換できるサイトは?

上記でも説明していますがげん玉、ECナビはこのPeXのみが交換先となっていますので必須です。ただ、現金やほかのギフト券やポイントに交換できるサイトでもPeXポイントへ交換できるサイトも少なくありません。

有名なポイントサイトならモッピー、ゲットマネー、ハピタス、PONEY、ポイントタウン、i2iポイント、ポイントインカム、WARAUといったポイントサイトではこのPeXポイントへの交換が可能です。

もし、ポイントサイトで交換したいギフト券やポイントを取り扱っていない場合は一度、PeXに交換してPeXから交換したいギフト券やポイントに交換することが出来ます

PeXポイントをお得に活用

PeXを利用することで得することも出来ます。ほとんどのポイントサイトはPeXポイントの交換に手数料を取っておらず無料です。つまりポイントサイトで高い手数料の交換先を避けて一度、PeXに交換してPeXから手数料の安い交換先に交換すれば僅かですがポイントを得することが出来ます

例えばポイントインカムで住信SBIネット銀行で交換したい場合、手数料は160円かかります。そこでポイントインカムのポイントを一度、PeXに手数料無料で交換し、PeXから住信SBIネット銀行に換金すると手数料は50円となります。このひと手間で手数料が110円安くなるというケースがあるのです。

それは他のギフト券やポイントでもありますので交換手数料が高い場合には一度、PeXの交換手数料も確認しておくとよいと思います。

ただし、すべてがPeXの手数料が安い訳ではありません。ある意味、交換手数料で成り立っているサイトでもあるのでポイントサイトから直で交換したほうが手数料が安い場合も少なくは無いので、しっかり比較しておくことが重要です。なんでもPeXに交換するという人はその辺りも一度確認してみてください。

PeXポイントの現金への交換先

現金への交換はすべて500円(5000pt)から交換できます。手数料は楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の交換手数料は50円(500pt)ですがそれ以外は200円(2000pt)かかります。

楽天銀行はリアルタイムで交換されますが、翌月25日前後に交換されますので少しタイムラグが長いのが難点となっています。

PeXポイントの電子マネー・ポイントへの交換先

電子マネー、他社ポイントではRポイントTポイントnanacoWAONPontaWebMoney楽天EdyLINEポイントBitCashちょコムnimocaリクルートポイントワールドプレゼントGoogle PlayPlayPolletと交換可能です。

なかでもGoogle Playは990ptを100ptPlayPolletは2000ptを201ptと少しお得に交換できます。またBitCash、nimoca、ワールドプレゼントは手数料無料なので気軽に交換できます。

ただ、WAON、Ponta、LINEポイントは手数料無料となっていますが交換時点で少し引かれた交換率になっていますので注意が必要です。特に大きな金額になればその分、手数料とは思えないくらいの金額が差し引かれることになります。

他は大体100円から交換でき手数料は50円または100円となっています。また、リアルタイムでの交換が可能な電子マネーもあります

PeXポイントのギフト券・ポイントへの交換先

アマゾンギフト券、ベルメゾン、セシール、ヤマダ電機、ニッセン、Vプリカとの交換が可能です。アマゾンは990pt100ptと交換できニッセンは5000ptを550ptと交換できるのでお得です。

ベルメゾンは500pt(50円)、Vプリカは1000pt(100円)の手数料がかかりますがそれ以外は無料、もしくは少し得をする交換率となっています。

PeXポイントのマイルへの交換先

PeXはマイルの交換先として多く用意されています。一般的な国内のANAJALだけでなくSTARFLYERUNITEDDELTAのマイルとも交換できます。ANA SKYコインとも交換可能となっています。

30マイルから100マイルが交換ラインです。マイルに関しては下記のような交換率になっています

PeXポイントのそれ以外への交換先

PeXのポイントは上記以外でも「ビットコイン」、「商品」、「募金」などにも交換できます。

仮想通貨のビットコインとも交換できます。5000ptからですが交換レートは時価です。交換手数料は無料です。

そのほかにも商品との交換もできグルメ、家電。キッチン用品、ファッションから美容健康、生活雑貨やおもちゃまで幅広く沢山の商品が用意されています。20000pt(2000円分)~493000pt(49300円分)まで全5728件もの商品が用意されています。※調査時点

募金に関しては虐待や貧困などで頼れる大人が周りにいない子供たちを対象に学習支援、相談事業をしている認定NPO法人 3keys(スリーキーズ)へ1円から募金することが出来ます。

PeX公式サイト

https://pex.jp/

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)