ANAマイルを貯める

飛行機をよく利用する人ならご存知だと思いますが普段、飛行機にはめったに乗らないという人にとってはマイルって何?という人も少なくないと思います。

要するに航空会社のポイントの事なのですが飛行機に乗ると飛行距離、運賃によってマイルを貯める事が出来ます。ANAマイルはその名の通りANAが運営するポイントという事になります。

これはANAマイレージクラブに登録することで誰でも貯める事が出来ます。また、その際にANA系列のクレジットカードなどを利用すれば、日常でもマイルを貯める事が可能です。

マイルを効率よく貯める為には航空会社の発行するクレジットカードを利用するとお得に貯める事が出来ます

また、ポイントサイトで貯めたポイントもマイルに交換できるところもありますので様々なポイントやマイルをANAマイルに交換してお得な旅行、サービス恩恵を受けていきましょう。

また、ANAマイルとは異なる「ANA SKY コイン」というものもあります。こちらは1マイル=1コインですがANAマイレージクラブ会員のステイタス、ANAカードの種類ににって1.2倍から1.7倍に変動します。(10コイン単位で利用可能です)

まずANAマイルを貯める為には(準備)

まずはANAマイレージクラブに加入する必要があります。加入といっても世の中のポイントカードを作成する手順となんら変わらず無料で可能です。要するに一般的なポイントカードを作る要領です。

ただ、そのカードとなるものはクレジットカードはもちろんですが、クレジット機能のないタイプのもの、携帯アプリでも可能です。まずはいづれかの方法を選択してマイルをためていきます。

ただし、マイレージを効率よく貯める為にはクレジット機能を持つカードが圧倒的にお勧めです。普段の買い物や公共料金といったものまでクレジット決済にしておけば自動的にマイルが貯まっていきますので効率的です。

しかし、中にはクレジットカードを持つことに拒否反応を示す人もいると思います。そんな人でもクレジット機能がついていないタイプを選択してもANAマイルを貯める事は可能です

アプリに関してはクレジット機能のついたマイレージクラブ会員もANAマイルを貯める人ならかなりお勧めです。

残高確認はもちろん様々なサービスも受ける事が出来ますのでこのアプリはかなり便利です。ぜひ、導入すべきです。

 

ANAクレジットカードの種類


クレジットカードの選択も慎重に検討すべきです。プラチナ、ゴールド、一般などクレジットカードにもランクがあります。現在、公式サイトでは37種類ものカードが紹介されています。

それぞれ、年会費、マイル還元率は異なっていますので自分にあったクレジットカードをしっかりと検討し選んでいきましょう。

もちろん、プラチナカードなどランクの高いクレジットカードを所有すればマイルは格段に貯めやすくなります。ただし、クレジットカードには初年度無料のものから17万円を超える年会費がかかるカードがあります

あまり貯めれないのにマイルが貯めやすいからと言って、その年会費を支払っても損をするだけです。自分がどれだけクレジットカードを利用するかによって、より良い選択をする必要があります。

極端な例ですが初年度無料で2年目以降は2200円の一般カード年会費が17万500円もするダイナーズプレミアカードを比べてみると、入会・継続マイルから10倍も異なります。

日々の買い物では15倍も異なり航空券購入でも3倍もマイルが貯まるのです。

年会費17万円というかなりハードルの高いクレジットカードですが、年間17万円以上、マイル獲得で得することが出来るという人はプレミアムカードにすべきです。

極端な例ですが、ワイドカードやゴールドカードといったカードの種類もありますので効率よく貯められるカードを選択して効果的にマイルをためていく必要があります

ANAマイレージ会員のステータス

日頃からどれだけ飛行機を利用するかによってステイタスが変わります。ダイヤモンド・プラチナ・ブロンズ、一般というランク付けがされています。

毎年1月から12月に獲得した一年間のプレミアムポイントの数翌年度のプレミアムステイタスが決定し、4月から一年間、そのプレミアムサービスを受ける事が出来ます。

1年間に利用したANAグループなどの運航便の搭乗分についてマイルとは別に清算されるポイントです。

これはクレジットカードで買い物をしただけではランクアップせず、ANAグループ運航便の利用がそれぞれブロンズは15000プラチナは25000ダイヤモンドは50000を利用しなければランクアップ条件になりません。

ANAマイルの単位は?

基本的には100円の決済で0.5マイルという単位となっています。ただし、会員ステータスやカードの種類によって還元率は異なってきますので効果的に貯めれるものを選択しなければなりません。

ANAマイルの貯め方

調査中

ポイントサイトでANAマイルを貯める

ここではANAマイルに交換可能な主なポイントサイトを紹介します。ポイントサイトに登録して活動すればマイルはより貯まりやすくなります。

ポイントサイトに登録すれば、ANAカードを利用したマイル稼ぎに加えポイントサイトでのポイント経由でのマイル稼ぎができます。

ダブルで稼げば当然、かなりお得なマイル稼ぎが出来るはずです。無料サービスのポイントサイトを利用してより効果的にマイルをためていきましょう

【ちょびリッチ】

交換レート:800ちょびポイント→200マイル
交換単位:800ちょびポイント以上400ちょびポイント単位
交換手数料:0円
交換完了日:申請月の翌月25日頃

【G-POINT】

ちょびリッチ、モッピー

交換レート:30G→10マイル
交換単位:30G
交換手数料:0円
交換完了日:約2~4週間後

【ECナビ→PeX】

交換レート:1,000→30マイル
交換手数料:無料
交換予定日:翌月中旬

【ポイントインカム】

交換レート:3,500pt→100マイル~
交換手数料:無料
交換予定日:翌月中旬頃

ANAマイルの使い方(使い道)

貯めたマイルをどのような使い道があるのか?もちろんANA搭乗券や搭乗ランクアップに使用する人が多いと思いますが実際は様々な使い道が用意されています。

ホテル料金やANAショッピング、レンタカーやレストランなど使い道は多様です。

また、旅行関連でしか使えないという訳でもありません。実は多くのポイントと同様に様々な企業と提携されており他社のポイント、サービスにも交換が可能です。

さらにANA SKYコインにして10円単位から使用できる電子マネーへの交換も可能です。

【ポイント交換先】
スターバックスカード、iTunesギフトコード、楽天Edy、iDバリュー、TOKYU POINT、ToMeCard、Suica、楽天スーパーポイント、T-POINT、nanaco、JRタワースクエアポイント、JRキューポ、ヤマダ電機、セブンカード、タカシマヤカード、マツモトキヨシ現金ポイント、カエトクカード、PiTaPa ショップ de ポイントなどなど…多くのポイントと交換可能です。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)